投稿日: カテゴリー: 社長コラム

メーカーの最優先課題は魅力のある新製品開発

今月は弊社にとって年度末になります。大変満足とまではいきませんが、目標の範囲内には辛うじて着地できたかと思っております。

そんな6月のある日、ニュースで聞き覚えのある名前が報道されました。今から20数年前、私共と簡易裁判まで行き着いた法人さんの社長さんの名でした。今思えば「鴨がねぎを背負ってきた」というほど、私が人生経験に乏しいボンボンお坊ちゃんに見えたに違いありません。その時の悔しさは今でも鮮明に覚えております。一言で相手が悪かった。でも付けこむ隙が私にあったのだと現在は考えられるようになりました。その当時、弁護士さんに「あなたは、こんな人といつまでも付き合っていては駄目だ、いつか見返せるような人物になってください」と諭されました。

そして今回の報道の件をネットでは、ボンボン坊ちゃんの也の果てと中傷された記事が目に飛び込んできました。

今だから話せますが、あの一件が無かったら・・・

当時500円玉大の脱毛ができたこと、それを今語っても誰も信じてくれません。人は何かのきっかけで変る、いや変れるのだと思います。

その経験から得た物は大きかったです。イレギュラーの察知能力が長けました。それに裁判では正義が必ず勝つのではなくゲームだということから、自分が不利に働かないよう事前に目に見える形でインフォメーションするようになり、仮にイレギュラーが起きても、その対処が冷静で的確にできるよう、かえって相手先様のイメージをマイナスからプラスに変えることを目標にするようになりました。

あとはコネに頼らない(お相手がそういう方でしたから)ということで、友人と仕事面でなるべく関係を持たない、逆に仕事の仲間達とは親友関係にならない。

公私に境がないと自分を追い込み逃げ道が閉ざされます。

また既製のお客様に過度に期待を抱かない。自力で前に進む(推進力)ことです。つまりは会社そのものに力を付けること、その為には魅力のある新製品を開発するということに気づかされました。

記念品を購入する目的=恩人や家族へ感謝の意を表現するため、または自分へのご褒美に、偉業を成し遂げた方や頑張って働いてくれて業績を挙げた社員さんへの表彰として、その各々の光景を想定して何を提案するか、人に頼らず、まずは自分で考え、ヒントがあったらどこにでも出向き貪欲に吸収する行動力が身につきました。

それでも来期はそんなに簡単にはいかないと今から覚悟しております。その中で前向きに楽しく次に繋がる年度にしていきたいと考えております。新しい出会いをお待ち申し上げております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です