社長コラム

無の物から有を生み出す

毎日暑いですが、お変わりありませんか?くれぐれも水分補給を忘れずにお過ごしくださいね。

話は変わりますが、オーダーメイドでホールインワン記念の銀製グリーンマークを製作させていただきました。
その際、達成者のお名前、いつ、どこで、どのホールで、使用クラブ等の情報をお聞きし、
まずはイメージ図を作成します。フォントのサイズや太さでイメージが大きく異なります。

当然ですが、出来上がりの記念品の見栄えを左右する一番重要な部分です。

その後、ご注文となった場合、金型製作用の版下を作成します。
ただ、ここでも型屋さんのノウハウがあり、型打ち段階で型が欠けやすい、
細かくて表現できない等の意見を集約し、版下を作成します。

トロフィー等のデザインも同様で、デザイナーさんや職人さんの個性は顕著に現れます。

先日も得意先様から朝一番にトロフィーの図案を送っていただき、予算の範囲内で製作できるか否かと連絡が入りました。
現場の者と打合せ、その日の午前中に、このデザインでは予算内は難しい、ただ修正次第では近づけることができる、
電話では中々伝えることが難しいと連絡を入れました。

その後、折り返しで、翌朝デザイナーと一緒に打合せのため、お伺いできないかと話をいただきました。
もちろんOKです。そして修正すれば近づけられること、それでも足らなければ、互いにその分近づきましょうと。

まずは次の商談に行けるよう手助けするのが、我々営業マンの仕事だと思うと伝えました。
その中でデザイナーさんからすると私と打合せすればするほど製作が難しく、
デザインから遠ざかってしまうかもしれない。
だけど、私に指摘されることを恐れず、描きたい物を描きなさい。小さくまとまらなくていい。
若いデザイナーさんがこれから会社を発展させる、そんな業界にして行かなくちゃね、と励ましました。

デザイナーは無の者から有の物を生み出す仕事です。
しかし、これらデザイナーの部門を無償で対応するところが存在します。
これでは他社との差別化は図れません。私はそれでは駄目だと公言しております。
そこまで言い切るなら、己にも厳しくしないといけませんよね。

でも若い人材が逞しくなっていく姿を見るだけで、心が躍ります。
弊社では7月から新年度となります。いろんな意味で楽しみでもあり、不安もあります。
来年の6月、充実した一年だったと言えるよう、社員さんと一緒に頑張っていきますので、よろしくお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です