社長コラム

銀も人も磨けば光輝く

投稿日:

今年は台風が頻繁に発生し、西日本でも大きな被害が出ております。
また北海道でも震度7の大震災、どうか平穏な日が一日も早く訪れるようお祈り申し上げます。

さてそんな中、一筋の兆しと申しますか喜ばしく、また偉業が達成されました。
テニスの大阪なおみ選手の全米オープン優勝です。
しかも彼女の憧れのセリーナ選手に打ち勝って辿り着いた価値あるものです。

(写真:大坂なおみ公式instagram)

ところが表彰式でのブーイング、日本人が日本開催の決勝戦で相手が外国人でセリーナ選手のような振る舞いをしたら、
どうなっていただろうと考えてみました。
日本の武道、柔道にしても相撲にしても礼に始まり礼で終わる、これは相手に対する敬意です。
それは審判にも同様だと思います。しかもファイナルを仕切る主審です。相当の実績のある方だと想定されます。
私はあのようなブーイングは無かったと思います。大阪選手が可愛そうです。
ところが彼女のスピーチに感動しました。間違いなく日本人の血が流れていること、奥ゆかしさを感じられました。
あれで観客の皆さんも、また視聴者も空気が変わって心から彼女を祝福した瞬間だったと思います。

昨今、指導者のパワハラ問題が賑わっており、特に名選手だった方が含まれております。
自分は当たり前にできたのに何故こんなことができない?
それが容易くできるから頂点に立てたのだと思います。そこには教えてあげているというものも感じ取れます。

ところが大阪選手のコーチは試合中、彼女にポジティブシンキングを呼びかけ、
彼女も聞き耳を立てているところに信頼関係を感じます。

そのコーチですが以前はプロテニスプレイヤーでしたがランキングは100位以下だったそうです。

コーチに相応しい人材、これは会社組織も同じだと思いますが、才能あふれた方より、
苦労してステップを一つ一つクリアしてきた人の方がむいているのでは?と私は思います。

それにしても大阪選手の表彰式で掲げたトロフィーは美しく光輝いておりました。

(写真:大坂なおみ公式サイト)
多分銀製だと思います。銀は磨けば光ります。これは人も同じだと思います。
弊社は光輝く物、また人材を生み出していけたらと考えております。
何か表彰やイベントなど企画しておりましたらお話を聞かせたいただけますでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。

社長コラム

表彰する、される場面とはどんな時か

投稿日:

今年は異常に暑い日が続きますがお変わりありませんか?
そのうえ台風も頻繁に日本列島を横断し、各地で大きな被害が出ております。
どうか平穏な日が早く訪れることお祈り申し上げます。

さて、そんな最中嬉しい一報が届きました。
2歳の男の子が道に迷い3日経った早朝、78歳のスーパーボランティアの方が発見され、
しかも無事に保護されたというニュース、安堵しました。

また発見された方のキャラクターも良かったですよね。
人様に一切迷惑を掛けない、全て自前、勝手にやらせていただくという信念で、
見つけたら必ず最初にご親族にお渡ししますと公言して、それを貫かれました。
もはやプロフェッショナルです。

感心してテレビを見ていて、何故被災地等でボランティア活動をされるのですか?
という質問に、自分は65歳まで鮮魚店に勤務し
「今の自分があるのは周囲のおかげ。社会に貢献したい」という気持ちから
ボランティア活動を続けておられると知り、
私が日頃から社員さんの耳にたこが出来るほど申している「感謝」と通じるものを感じました。

4年前には環境省表彰もお受けになっておるそうです。何かの見返りを望むのではなく、
今までのご恩を大切に日々送られている姿に感動を覚えました。

表彰する、またはされる=色々な場面が想定されます。
今回のように困っている方への手助けを継続されている方へ、
またある団体に多大な貢献をされた、会社であれば日々を真面目に努力されて
結果を残してくれてありがとうという気持ち等、
感謝の気持ちを賞状や記念品を添えて伝達する場であると私は考えます。

これをご覧になられて、何か企画を催す予定がございましたら、一度ご連絡いただけますでしょうか。
仕事と割り切り、期日までに納品することを最終目標にするのではなく、
イベントの成功またその後、普及する効果が起きることを思い描いて対応させていただきます。

心温まる話題を提供していただき、ありがとうございました。

社長コラム

ティーチとコーチの違い

投稿日:

今年は梅雨明けが早く、うだるような厚さが続いております。
そうかと思えば西日本の豪雨、何か以前とは異なってきておりますが、順応していくしかありませんね。

さて今月はティーチとコーチの違いをテーマにしてみたいと思います。

そもそもですが、何故こんな話になったかというと、例えば先輩の職人さんが後輩に対して、
よく教えるタイプと全く教えないタイプに分かれます。昔の職人さんは後者が多かったような気が致します。
弊社でも前工場長がそうでした。彼は東京に出てきて仕事に付いていたけど、
人間関係などから従兄弟である奥山さん(その後は重要無形文化財保持者となられた奥山峰石先生)のところに居候して、
いつのまにか銀器の職人になったそうです。その時も1つ1つ丁寧に教えてもらえなかったそうで、職人は見て盗めと言われたそうです。

そこで今回のテーマになります。ある時お客様で経験豊富な方に人材育成は難しいと申したところ、

「内藤君ティーチとコーチの違いが解るかな」

と問われました。
そこで横文字は苦手なので教えてくださいとお願いしたところ、君はティーチではないか?つまりは教え過ぎていないか?とおっしゃりました。
そこでコーチの意味ですが、尋ねること、つまり目的を達成するために何をしなければならないかを考えさせる、
これがコーチで今後は社員さんに「考える」よう質問し導いていくこと、その方が社員さんは伸びるよとご指導いただきました。
なるほど、思い当たる部分もあるので、それ以降実践させていただいております。

全ての人に通用するかは?ですが企業の発展=人材の育成だと思いますので、精鋭にして私の仕事も少しずつ減らしていく、
いつまでも私が出しゃばっては若い人材が伸びてきません。
思いおこすとこの10年、平日ゴルフは全てお断りし、会社を休んだことも1日もないので、
数年後はたまには休みを頂戴するのが現実になることを目指していこうと考えております。

そのためにはコーチだそうです。

社長コラム

目標達成後のモチベーション

投稿日:

今月は寒暖の差が激しいですが、体調崩しておりませんか?
私の周りではサッカー観戦から寝不足で疲れた方を見掛けます。そういう私も眠いです。

そのワールドカップですが、今のところ先月の私の予想を上回る内容でここまできました。
まだポーランド戦の前なので、恥をかくことも想定されますが、今月は告知どおり2戦を終えた段階での私見を書かせていただくことにしました。

今回、優勝候補の呼び声が高いチームの苦戦が話題を集めております。
1番人気のドイツはグループリーグ最下位での敗退、ブラジルやアルゼンチンも冷や汗たっぷりの予選でした。
ど素人の私の勝手な意見ですが、幾らかアジア・アフリカ勢を甘くみていたのでは?
ところがFIFAランクの下位チームは対戦相手が決定し、あらゆる角度で研究した結果、
上位チームにとって容易く勝てなくなったと推測します。

個では劣っていても組織で動く日本に苦戦するのは、その象徴だと思われます。
以前ゴルフのクラブ選手権の話をした際、4週競技で予選が絶好調では決勝まで持たない、
個であれチームであれ1ヶ月好調を保つのは難しい、
だから優勝候補に挙がったチームはベスト16もしくは8あたりでピークに近づける調整をした結果、
日本のように予選突破が大名目なチームにコンディションで劣ってしまったように感じました。

元々、本大会前の日本は苦戦が続き、周囲もあまり期待していなかった中、
ドイツやブラジルに比べプレッシャーが軽減できたこと、
またコンディションを上げるには一度落ちていないと上ってこない、その両面で結果が出るのではと期待しておりました。
ここは是非、突破してコンディションが上ってきたチームに組織力で勝負を挑んでいただきたいですね。
少し心配なのはピークから落ちることと、目標達成からくるモチベーションの低下、外れることを願っております。

そして過去最高の結果を残し、それを祝した企画のなかで、記念品の製作依頼が入れば良いなと夢みております。
以前アジアカップを制した際、現実になりましたから。

何はともあれ、寝不足はしばらく続きそうですが
「頑張れ日本」

社長コラム

物事を考えるならケツ(後ろ)から

投稿日:

5月に入り、プロスポーツも盛り上がってきまして、いよいよ来月はロシアワールドカップですね。

直近は不甲斐ない試合が続いておりますが、本番はどこまでモチベーションが上げられるか、今から楽しみです。

 

この話でもうちょっと。監督が変りました。正直期待もいまひとつの方も多いかと思います。

私はそれが良い結果に繋がるのではと考えております。

 

先日の競馬の祭典、日本ダービーでも福永騎手のワグネリアン号が勝利しましたが、

前走の皐月賞は1番人気で7着、大事に乗ったのがかえって仇になりました。

ところがダービーでは一か八かの積極策が功を奏した形になりました。もし皐月賞で勝っていたら、

個人的な考えですがダービーは負けていたと思います。

気軽に乗れて悲願のダービージョッキーという肩書きに手が届いたのかと思います。

世界で戦う=プレッシャーとの戦いだと思います。

幾らか楽に戦えそうなので、予選突破をお祈りしております。

 

話は変りますが、アメリカンフットボールのラフプレーでざわついておりますね。私は会見の様子を注視しておりました。

興味本位ではなく自分達においてもイレギュラーは必ず発生します。その際の対応という点で参考になるからです。

 

私が個人的に一番気になったのは好きなフットボール、「好きではなくなった」と語ったときでした。

仕事も遊びもできるだけ楽しくできるようにするというのが私の考え方で、そのためには努力が必要だと思います。

努力した先に感情が変化するなど言語道断です。

 

話は会見に戻しますが、学生さんは素晴らしい会見だったと思います。日頃お仕事においても、

何かイレギュラーが起きた場合、

まずは謝罪する。言い訳は挽回できたあと、しばらく経ってから冷静にお話しする。

学生さんは言い訳など無く全て自分に否があると語っておりましたが、

監督・コーチは形式程度の謝罪のあと、言い訳に徹したところが反感をかったのだと思います。

 

また何のためにアメフトをするか?私は社員さんに必ず申すことは記念品を製作するにあたり、

受注日から計画をたてるのではなく納品日から追いかけて生産工程表を作成するよう指導しております。

そうでないと1つ予定が狂うと間に合わない、イレギュラーが起きても、それに対応できない等の問題が発生します。

これと比較はできないかもしれませんが、監督は目先のことしか考えてなかったのではないか?

本来なら学生の部活は勝つのが目的ではなく、勝つためには努力が必要であること、

またその先にこれから社会で生き抜いていくために必要な目に見えない、

参考書に掲載していない物を模索しながら探す機会だと思います。

監督が生徒さんを想い指導しておれば、こんな結末にはならなかった、つまり「勝つ=自身のステータスを上げるため」これではいつかは崩壊します。

大学にとって一番守らなくてはいけないのは学生さんで、悪役が悪党になったら洒落にもなりません。会社も同じで誰の為に会社は存在するのか。

社長のためではないのです。

 

今月はいつものテーマと大きく異なり時事ネタになりました。

来月はワールドカップを通して感じたことをお話しようかなと考えておりますのでよろしくお願い致します。

 

社長コラム

イベントを開催する本当の目的を意識する

投稿日:

4月に入り、プロ野球にJリーグ、それにプロゴルフと熱を帯びてきましたがお元気ですか?
私もようやく長い冬眠(花粉症)から目を開けゴルフ解禁が近づいてきました。

そんなゴルフにまつわるお話として・・・

私が毎日営業に回っていた時分、あるお仕事を頂戴しました。
その仕事とは大きな銀カップの製作、しかも貯金箱にもならないか?

そのイベントは同期入社との間でゴルフコンペを行い、会費を集め余った分で金貨を購入し、
表彰式の際その金貨を入れていくという大変面白い企画でした。
その後のお話で、ゴルフコンペのパーティーで皆が注目している中、金貨を銀カップの中の貯金箱へチャリンと落とす時、
物凄く盛り上がったと聞きました。その場にいなくても光景が思い浮かばれます。

私はイベントの記念品を提案する際、ストーリーを描きながら物思いにふけます。
誰が参加してどのような会場で、どうように渡すか、大きさやその場の人数など想定します。
そうすると意外と思い浮かぶものです。その為には詳細な情報が不可欠です。

弊社はしばらく前までは卸しを中心に展開してきました。すると代理店なりデパートなり、
そこの営業さんから私共まで数社を挟んで提案を求められます。その間に必要な情報が少しずつ消去され、
イメージがまったく湧かない事がほとんどでした。

ところがHPを通してお話を頂戴するようになると、思う存分情報をもらえます。
そして一番大切なのは、最終的にイベントが開催されることの意味(目的)だと思います。
それは身近なところにしか目標を求めない方が、我々業界の営業の方もそうですが、ユーザーさんの担当者もそう思える場面に直面します。

その時頂戴した記念品がその後どういった経緯で人の目に触れるかを考えられれば、
自ずとユーザーさん・委託業者さん・記念品製作メーカーで意志が統一します。
そうなればイベントは成功しますし、またその効果も期待できるかと思います。

イベントには色々あり、スポーツイベントや文化イベント、それに社内や相手先様に向けた企業におけるイベント、
周年記念や偉業達成を讃える表彰イベント等々、
弊社では全ての案件で想像し、ストーリーを付けてご提案させていただきます。

新たな出会い、楽しみにしております。

社長コラム

サッカーワールドカップ ロシア大会

投稿日:

例年に比べかなり早く桜が咲きましたね。

私は例年苦しんできた花粉症も今年は比較的落ち着いていて、ゴルフ再開も残り1ヶ月となりました。すでにJリーグやゴルフ、それに高校野球は開幕しましたが、今週はプロ野球も開幕と、ウィンタースポーツからの切り替わりですね。

今後は大きなスポーツイベントが立て続けで、今年はサッカーワールドカップがロシアで、来年はラグビーワールドカップが日本で、再来年はいよいよ東京オリンピックの開催です。

弊社は表彰関連の記念品を企画製作させていただく身ですので、上記イベントに直接関わりたいのですがグッズ関連もほとんど海外産で占拠されており、なかなか容易ではありません。

でも間接的には過去にも関わった経緯がございました。2002年日韓共催のワールドカップから前回の2014年大会まで4年に1度は記念品というより作品に近い品を、また2015年ラグビーワールドカップで南アフリカに勝利したあと、それに関わる品を作成させていただきました。

まずはハリルジャパンには頑張ってもらいたいと思っておりますが、このところの試合内容があまり良くありません。選手を固定して使わないとか、まだ選手をテストしているとか、

外野から色々意見があると思いますが、私はあまり不安を感じておりません。

 

それは以前あるゴルフ場で何回もクラブチャンピオンになられた方から聞いた話ですが、よほど力が突き抜けた人は別格として、調子に左右される状況下では予選でピークを迎えたら駄目だと。つまりはメダリスト(予選での最小ストローク者)になるとチャンピオンになりにくいと言われているそうで、決勝から逆算して徐々に調子を上げていく、予選は80%くらいで突破できるようでないとチャンピオンにはなれない、そこから薄皮を少しずつ削ぎ落し準決勝くらいにピークに近づける、何故ならアマチュアはピークがそう長くは続かないそうで、せいぜい2週間だと申しておりました。その時、私は少し鳥肌がたちました。

 

なるほど・・・と。

 

そして2年後いよいよ東京でオリンピックが開催されます。個人的には野球とゴルフに注目しております。大谷選手はどこまで成長するか、女子ゴルファーではジャンボの愛弟子、原 英莉花選手は出場してもらいたいですね。その結果、表彰分野や何かのイベントで携われることを期待しております。

 

頑張れ日本!!

 

社員表彰

チーム力で掴んだオリンピックメダル

投稿日:

今年は寒いですが体調崩しておりませんか?昨日冬季オリンピックが閉会しましたが、寒さを吹っ飛ばす熱気で、連日盛り上りましたね。

 

最初は期待された選手が力を発揮できずにメダルも少なかったですが、羽生選手の金メダルを境に潮目が変った印象でした。それから小平選手やパシュートが立て続けに金メダル、終盤ではマススタートやカーリングなどテレビに釘付けでした。

「そだね」をはじめ北海道弁が新鮮に感じました。

 

今回のオリンピックで初めて知った競技、またその楽しさが感じられた競技も多かったと思います。偉業を達成するには自分一人ではなく仲間やライバル、それにスタッフの力が大切でチームで掴んだメダルだと思いました。だから選手またはチームのソチ五輪からのストーリーがとても興味があり、挫折を乗り越え栄光を掴み取るまでのサポート話に連日心をうたれております。

そうなのです。挫折や極限まで追い込まれると人は計り知れない力が発揮できるのです。スポーツにおいて私は全くの素人ですが、身体的な素質に恵まれた人より、幾らか足りていないから努力で追い越せる方が頂点を極めている、そんな気が致します。

 

では表彰関連の現状を見ると、大きな、または名のある法人であるから、何か提案を投げかけられても丸投げをしている方をよく見掛けます。そこから受ける側もまた仕入先業者に丸投げ、この連鎖です。そこにはチーム力など微塵にも存在しません。その方々は組織から独立して初めて自分の能力に気づくのだと思います。メダルは私共の表彰関連アイテムです。名も無い小さな法人でも、自分で考え、提案書やイメージ図をスタッフと一緒に作成し、自らが営業で回っておれば、いつの間にか力が付いてくるもだと信じ、これからも「感謝」というテーマで物造りに没頭していく所存です。

 

2年後は東京でオリンピックが開催されます。それまで個々のスキルを延ばし、多くの感動に寄り添えることができるよう頑張っていけたらと考えておりますので今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。

社員表彰

あけましておめでとうございます

投稿日:

あけましておめでとうございます。

お正月は如何でしたか?私はのんびり過ごす予定でしたが、毎日のように忘年会と新年会が

あったような気がしております。

 

さてそんな中、昨年から新たな環境を切り開く意味で新製品の開発や新規社員さんの導入等、

攻めの姿勢で取り組んできました。お陰様で新規の顧客先も見つかり、新人さんも順調に育ってきております。

 

ただ心配なのは職人さんの廃業が進んでいることで、昨年だけでも十社ほどございました。

今年もそれに近い状況かと思います。それで自社でできることは手掛けていかなければならない

ことから現場社員さんの導入をこれからも考えております。

会社の業績UP=社員さんのスキルUPだと考えておりますので、新人さんが入ってくれたら若いといっても

皆10年以上在籍している社員さんに任せ、共に成長できるよう見守り、できるだけ最終着地点を説明し、

そこまで自らの力で考えて辿りつくよう指導しております。

銀製品の手入れ・メンテナンス

その結果、弊社は零細に入る規模ですので、業績が上ったら賞与で還元したり、販売前に試作した品を

開発された方に差し上げたりしてモチベーションが上るよう考えております。

ただこれが私共より大きな規模の会社さんだと、そうはいきません。人がどれだけ賞与をもらっているか、

また自分の事をどう評価されているかも解り難いと思います。そこで個々のモチベーションを上げる目的で

社員表彰があるのかと私は認識しております。

できるだけ鮮度がおちないよう、記念品や賞状を製作させていただき、ご家族に密かに自慢できる場を

演出するのが我々記念品業界に身をおく者の努めだと思っております。

 

そんな感じで賑やかな会社ですが、真面目でコミュニケーション能力がある若い人材を求めております。

興味がございましたらご連絡いただけますでしょうか。

 

では今年もよろしくお願い致します。

社長コラム

今年を振り返って

投稿日:

今年も早いもので、2017年も残り数日となりました。どんな年でしたか?

周りでは景気が良くなったという話も聞かれますが、我々業界の忘年会に出席すると真冬状態を誇張してお聞きする機会が多く、何故に?と考えされられます。

理由は幾つかあると思いますが、1つには記念品が国産から中国産にシフトしているからだと思います。記念品の予算が減少し(デフレ)件数を増やしても売上が増えない=先行きが暗いことにも気が付かないのが実情です。

そこで私共はエンドユーザーさん、もしくはその近くの環境で何が欲しいか?をヒヤリングして(品質・納期・単価の中での最優先課題)ご提案・製造・納品できないかと考え、このHPを作成しました。ここ数年でようやくその機会にも恵まれ、やりたいことが少しずつではございますが実現できてきました。

私がまだ30代の頃あるお客様から「お前の変りはどこにも存在しない営業マンを目指せ」と掛けられた言葉、先日そのことが今でも耳に焼き付いておりますと告げたら、そうは言ったかもしれないが本当の意味は「No 1になれと言ったんだ」と私に微笑みながら語りかけられました。つまりプロフェッショナルであることを自覚することだと思いました。

それでも自分ではできない苦手な分野も多く存在します。だからそれを誰かにお願いします。その技術は尊敬や感謝に値します。

今年は若い社員さんが2人入ってくれて、平均年齢がかなり若返りました。彼らに徹底しているのは「感謝」という言葉です。全てのイベントや記念日に共通しているのがそれだと思います。そこに年齢の上下もお客と下請けも関係ありません。

今年は法人さんからもお話を頂戴し出向き、または弊社ショールームにてイベント用記念品の打ち合わせを適度な緊張感と新しいことにチャレンジする期待感で楽しく過ごせることができました。心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。

では来年が良い年になるよう、また健康であることを願って

良いお年をお迎えくださいませ。