銀を本気でピカピカに磨いたらどうなった?

投稿日: カテゴリー: 銀の用語集

銀製品の磨き・メンテナンス

鏡面に磨かれた銀の小判盆
鏡面に磨かれた銀の小判盆

銀製品の最大の特徴は2つあります。それは熱伝導率の良さと磨きあげた時の鏡面仕上げの美しさです。

今回はこの2つの特徴についてご紹介します。

 

熱伝導率が一番高い金属は銀

熱伝導率とは熱の伝わり易さを表す物質の固有値で、熱がどのくらいの速さで固体中を伝わり一様な温度になるかを示すものです。

金属の熱伝導率が一番高いのは銀です。熱伝導率は上から順に銀、金、プラチナで、銀が金属の中で最も早く熱を伝えることができます。(「もっとも熱伝導率の高い金属と、最も抵抗の少ない金属ってなんですか?」)

このことから銀製のビールグラスなど冷たい物を飲むには銀製のコップは最適です。

グラスのビールの冷たさが銀そのものに冷たさが伝わり、そのコップを持つ手と飲むときに唇に冷たさが伝わります。そういった意味では銀製品というのは五感で楽しめるものであります!

 

銀は鏡面に磨いたときに真価を発揮

また、銀は可視光線の反射率が金属の中で最も大きいため、鏡の反射面に銀を使えば最高の鏡になるといわれております。

弊社の銀製小判盆は鏡面の美しさを存分に表現しております。

ヨーロッパでは、銀製品の磨きの美しさがその家柄を表しました。

製作依頼をよく受ける銀製のベビースプーンには一生、食べ物 に 困らない」という意味があります。

銀製品は、古くから実用的に使用され文化として定着をしていますが、歴史的に日本では高価という事と銀製品のお手入れの方法が難しいため、なかなか文化として定着しませんでした。

 

%e9%8a%80%e7%a3%a8%e3%81%8d%ef%bc%92

鏡面に磨かれた小判盆。

職人によってピカピカに鏡面に磨いた銀製品は文字通り鏡になる!

 

地金(材質)が銀製であることと、銀メッキ (素材は真鍮や銅)の物を判別する方法があります。

材質が銀製の場合は、〈SILVER925〉〈sterling silver〉〈銀製〉等の刻印が入ります。

 

SILVER925 ... シルバー925、スターリングシルバーと呼ばれる。銀の含有量が92.5%で銅を混ぜた銀と銅の合金

 

これがない場合は、素材は銀ではなく銀メッキ仕上げの製品の可能性があります。これらの商品は、メッキ加工が施してありますので、修理は大変になりますし、素材の確認ができないと、修理が施せない場合もあります。

そのためか、弊社に持ち込まれる銀製品の修理等では、洗うときに傷だらけにしてしまった、家の整理をしていたら黒くなった銀製品が出てきた 等があり、弊社としては、使って頂ける事が最良かと思っております。

銀製品であれば、日常で使用していくなかでできた、傷に関しては、また、磨けば綺麗になります。
ただ、傷や黒ずんでいくのも、時代を重ねてきた証でもありますので、飾る品物(写真立)などは、そのまま使用していくことも銀の味わい深さです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です