良い物をつくるために人材を磨く

投稿日: カテゴリー: 社員表彰, 社長コラム

10月は週末、立て続けに台風が押し寄せ、各地に爪痕を残し、甚大な被害に見舞われた方もいらっしゃるかと思います。早く平穏な日が訪れることお祈りしております。

さて話は変りますが、年内で退職される社員さんの補充として若い人材を確保するためにハローワークに行ってきました。退職される方は弊社の先代から勤めていただいた方で来年も在籍しておれば、ちょうど半世紀という功労者です。

仕入先やお客様からも人望が厚く、厳しい納期でも彼なら何とか間に合わせてくれる存在でしたので、かなり痛手です。以前から申し出はありましたが、体が動く間はと慰留してまいりましたが、ご家族の健康面が理由では仕方なく、また会社の将来を考えると自分がいたら残された社員さんが育たないと考えてくれたからだと思いました。

そして面接ですが、総勢13名も来ていただきました。しかも皆、製造希望でした。二重の驚きでした。正直不採用の連絡は辛いですが退職者の補充という観点で2人採用を決めました。

面接でも入社後も厳しく伝えたのは、「素直・反省・謙虚・奉仕・感謝」の日常の五心です。弊社では額に入れ、常に見えるところに掛けております。この五心ですが、先日選挙の日に行われた村田諒太選手がリング上で語って内容がまさにそうかと思います。だから見ていて心が熱くなるし応援もしたくなるのです。

私共業界は個人法人団体等の偉業や感謝の気持ちを、記念品を添えて讃える場面を演出するお手伝いをさせていただいております。弊社にもまだ就職して間もない若い方がご両親の銀婚式のお祝いにと記念品をオーダーされていかれます。また会社の25周年や50周年などの周年記念品として、また優秀社員表彰では日頃の功績をしっかり見届け、これからもよろしくお願いしますよという意味でご依頼をいただいております。

そこには感謝というメッセージが含まれております。それを理解できていない者が携わってもイベントを開催する意味が半減します。だから最初に五心の大切さを伝えました。

人に教えることで気が付くことが大いにあります。今度は私ではなく次を託す人材に任せようと考えております。上手くいったら褒めてあげ、間違ったらその人を想い叱る、こうして自分も育ててもらったなあと今となっては思います。企業の発展は人材にあります。良い物を作るには良い人材が必要です。

お陰さまで賑やかで楽しい現場になりそうです。お近くを通る際はお立ち寄りください。前もってお話いただければ工場見学お受けしますよ。

よろしければクリックお願いします。


製造業 ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です